TRAVEL STORIES

Jul 7th, 2015

SHARE THE STORIES


昨年、7年前の旅行中の日記が偶然棚から落ちてきた。

ノートに書いてあることはありきたりだったけれど、旅して書いたことをすっかり忘れて7年も過ごしていたことがショックで、作品をつくって展示をした。

TRAVEL STORIES

最後には、それでよかったと思えた。

 

ぼんやり日々を過ごしていた私が、必死になって思い出しながら作品とSTORYをつくって、

来場してくださった方々と同じテーマと時間をSHAREすることができた。

SHAREすることで、新しい気づきがたくさんあった。

 

「価値づけ」をしたんだね、と言ってくれる人がいた。

「価値」は「ある」「つく」「感じる」ものだと思っていた私は、「つける」ことができるなんて、知らなかった。

 

最初は昔の旅行の話を思い出しているだけのつもりだったけれど、自己満足な作品づくりと、会いに来てくれた方たちとそれぞれの旅のお話をしたことで、7年も前の旅行に新しい価値をつけることができた気がする。

TRAVEL STORIESを書いていて、こんな経験をしていたことが嬉しくもあり、今同じことをもう一度しても、同じようには感じられないとも実感した。

この展示をやると決めてから、修道院で会った仲間の1人に再会した。

今あってもいいやつだけど、お互い、あの時のinnocenceはもう持っていなかった。

 

もちろん、今は今やれること、感じられることがあるのだろう。

 

10年後、このTRAVEL STORIESのことをすっかり忘れていて、私はまたくさっているかもしれない。いやきっとくさってる。

そのとき、また青いノートが棚から落ちてくるかもしれない。

今度は、このblogかもしないし、Facebookページかも。

もしかしたら、今回STORYをSHAREした誰かが、思い出させてくれるのかもしれない。

制作したTRAVEL STORIES、

SHAREしたTRAVEL STORIES、

みなさんがそれぞれ持っているTRAVEL STORIESが

昼は見えないけれど、ふと夜に空を見上げたときに気づく星のように、

また輝き続けるといいな、と今は思う。

RELATED POSTS

The days are gone

The days are gone

TRAVEL STORIESの画像

TRAVEL STORIES | FIRST SOLO EXHIBITION

drop by drop

©2018 Travel Stories