TRAVEL STORIES

Sep 2nd, 2018

夏休みにスウェーデンでしたら楽しかったこと

7、8月は外にいるかぎり汗を拭いてるような私は、夏の太陽の下を北欧で過ごしてみたかった。

今年は北欧でさえ例年より暑い夏となったようだけれども、それでも日本に比べれば涼しく、例え快晴で夜10時まで太陽が沈まなくても、湿度も低いため体感する暑さは大分ましだった。

今年の夏はスウェーデンで、気候のよさだけではなく、その自然の中で遊ばせてもらう楽しさを教えてもらった。

サイクリング

夏のスウェーデン 1 - Summer in Sweden 1 夏のスウェーデン 4 - Summer in Sweden 4

実はズルをして電動自転車を借り、スウェーデンの田舎を村から村へ自転車で走った。森の中を走り、水辺で休憩をする。その贅沢さを知った。

夏のスウェーデン 6 - Summer in Sweden 6

電動自転車だと坂道も全く問題ない。軽くこぐだけで急な坂も登れてしまって、もう普通の自転車には戻れなくなってしまったかもしれない。

夏のスウェーデン 4 - Summer in Sweden 4

バーベキュー

スウェーデンのBBQ - Swedish BBQ

想像以上というより想像もしていなかったのだけれど、スウェーデンの人々はバーベキューがかなり好きなよう。私が滞在していた郊外では高性能なバーベキュー設備を持った家が多く、ガスのバーベキューはもはや家の中から庭へキッチンを持ち出したようだった。

夕食を何にするかと話していると、バーベキューが頻繁にオプションにあがった。しかし夏でも夜は涼しいスウェーデンで、「ちょっと外で食べるのは肌寒いのでは…」と思う日は、バーベキューで調理をして家の中で食べるということもあり、ここではバーベキューはレジャーというより調理法の一種なのかなと感じた。

一見タルタルソースのようにみえて、バターとマヨネーズを混ぜたバーベキューソースの重さは、もはや衝撃だった。

泳ぐ!

驚いたのだけれど、スウェーデンの人はよく泳ぐ。別にビーチに行く必要はなくて、例えストックホルムの公園でも、水場にアクセスできれば、着替えて飛び込んでしまう。

隣でピクニックをしている人に「ちょっとこの荷物(盗まれないように)みておいて」と頼まれて、これが噂の…と感慨深く思ったものだ。

ストックホルムで泳ぐ - Swimming in Sweden

カヤック

泳ぐだけではなく、入江でカヤックをしている人をたくさん見た。やってみたいなと思うと、2人乗りカヤックを2時間まで6,000円程で借りることができて、ストックホルムの真ん中で、海の上を漕いだり漂ったりしている自分が不思議だった。街を流れる水の真ん中からストックホルムの街を眺めるのは初めての経験でどきどきした。

フェスティバル

8月中旬にストックホルムを訪れると、2年連続でStockholm Culture Festival の開催時期とちょうど重なった。おそらくこれからも毎年開催されると思われるので、もし8月中旬にストックホルムを訪れる際は、ぜひ街中でポスターを見たり、情報を検索してみてほしい。

RELATED POSTS

スウェーデンといえばミートボールなのか?

©2018 Travel Stories