TRAVEL STORIES

Nov 20th, 2016

クイーンズシアター(Queens Theatre)でレ・ミゼラブル(Les Miserables)を観る

ミュージカル レ・ミゼラブル

言わずと知れた、ヴィクトル・ユーゴによるフランス文学「レ・ミゼラブル(Les Miserables)」。ロンドン旅行中、そのミュージカルをクイーンズシアター(Queens Theatre)で観ることにした。ロンドンでは、もちろん英語で上演されている。

映画を彷彿とさせるような冒頭の演出に驚きながら、ジャン・ヴァルジャンの数奇な運命とフランスの歴史をたどり始める。年号が何度もスクリーンに映し出され、頭の中で必死に世界史を思い出そうとした。

劇中は、例えばオペラ座の怪人と比べると、クラシックなミュージカルのように感じた。中央に出てきた演者をスポットライトが照らし、演者が素晴らしい歌唱力を披露する。観客は胸を打たれ、拍手をする。

ジャン・ヴァルジャンが街中をさまようシーンや、革命の真っ只中のダイナミックな舞台の使い方は臨場感があって、見応えがあった。舞台上の演者の人数の多さも特徴だと感じた。「民衆」「群衆」たちが声を合わせて何かを力強く訴える様は、とても迫力がある。

ジャン・ヴァルジャンの長く波乱に満ちた人生を見たような気持ちになり、胸を熱くして、スタンディングオベーションの後、夜のピカデリーサーカスを歩いた。もしまたロンドンに来ることがあれば、私は毎晩劇場へ行くためにここへ通うだろうと確信しながら。

ピカデリーサーカス

RELATED POSTS

ミュージカル オペラ座の怪人

ハーマジェスティーズシアター(Her Majesty’s Theatre)でオペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)を観る

ポートベロー・マーケット

ポートベロー・マーケット(Portobello Road Market)でアンティークに囲まれる

ロンドン塔(Tower of London)

テムズ川沿いを散歩する

Songs For Youth by Rudyado Kipling

Songs For Youth by Rudyado Kipling -printed in 1932

©2018 Travel Stories