TRAVEL STORIES

Nov 20th, 2016

ハーマジェスティーズシアター(Her Majesty’s Theatre)でオペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)を観る

ミュージカル オペラ座の怪人

オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)は、2004年に公開された映画を観たことがあったけれど、ロンドン旅行中、ハー マジェスティーズシアター(Her Majesty’s Theatre)でそのミュージカルを観ることにした。

1705年に設立されたという劇場の年季が入った赤いシートに座ると、席の前後の間隔がかなり狭いことに気がつく。誰かが席に着いたり離れたりするたびに、その列のみんなが立ち上がってその人を通さなければならない。一斉に立ったり座ったりを繰り返すので、まるでコメディ映画の一員になれたようだった。

1階席奥からでは、席によっては支柱が舞台を遮ってしまいかねない。チケットの値段による露骨な区別が、むしろ気持ち良かった。

ハーマジェスティーズシアター

「CHANDELIER」と書かれた布をかけられた舞台装置を見ると、「あれが……!」と胸が高まる。実際、劇中のシャンデリアの演出は素晴らしかった。それを楽しみに行くには2階席以上の方が面白そうだ。

伝統的な劇場の佇まいとはうってかわって、舞台の高さや奥行きを考え抜かれた演出は先進的で、ミュージカルに対して持っていた退屈でわざとらしいイメージは払拭された。クリスティーヌがファントムに手を引かれて、劇場の奥深い地下へと下っていくシーンや、緊迫した屋上でのシーンをしっかり見るには、やはりそれなりの値段を払って、天井に遮られな1階席なり、2階席以上のチケットを取った方がいい。

しかし席の良し悪しには関係なく、「これが今自分の目の前で、ライブで起こっている!」という感動は忘れられない。実際に舞台に上がっている演者の数は、例えばレ・ミゼラブルに比べれば、そこまで多くないだろう。しかし、オペラ座を舞台にした演者の豪奢な衣装や、歌声の表現力、何よりも、一瞬も観客を飽きさせない演出の連続に、終始目が離せなかった。ミュージカルを基にした映画を観ていたので、ストーリーや印象的な場面はもう既に知っているのに、大いにハラハラドキドキさせられた。インターバルの休憩も、バーで「オペラ座の怪人」をイメージしたというカクテルを楽しんだ。

劇が終わると、興奮してスタンディングオベーションに加わり、ホテルに戻ってアルバム「The Phantom of the Opera」を探して聴いてしまった。

RELATED POSTS

ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)のガイドツアーに参加してまじめに観光をする

ミュージカル レ・ミゼラブル

クイーンズシアター(Queens Theatre)でレ・ミゼラブル(Les Miserables)を観る

古書店のイラスト(Floating in the pool)

ブリックレーンマーケット(Brick Lane Market)で古書を買う

Songs For Youth by Rudyado Kipling

Songs For Youth by Rudyado Kipling -printed in 1932

©2018 Travel Stories