TRAVEL STORIES

,
Nov 18th, 2016

ポートベロー・マーケット(Portobello Road Market)でアンティークに囲まれる

ロンドン旅行中、土曜日はポートベロー・マーケット(Portobello Road Market)へやって来た。ロンドンに一週間滞在するこの旅行では、マーケットへ来るのが楽しみだった。

Notting Hill Gate駅から歩いていると、人の流れでマーケットの方向がわかる。色とりどりの住宅街を歩いていると、突然マーケットが始まった。

ポートベロー・マーケット

わくわくしながら店を見始めると、そのアンティークの品揃えに驚く。アクセサリーや時計、食器、アート……ここポートベロー・マーケットはロンドンでも最大のアンティークマーケットで、40年以上の歴史があるらしい。1,000以上のディーラーが登録しているというが、あまりの品物の多さに、その価値を見極められない素人である自分をちょっと残念に思った。なにしろ観光客だけでなく、海外から買い付けに来るアンティークディーラーもいるというほどだ。

アンティーク素人の私も、古本が並ぶ小さなストール(横幅1m程)で足を止めた。手仕事の光る挿絵に惹かれて、1932年に発売されたRudyado KiplingのSongs For Youthを購入した。

Songs For Youth by Rudyado Kipling -printed in 1932

マーケットはNotting Hill Gate駅側からLadbroke駅側に向かって、「アンティーク」「青果・日用雑貨」「古着・アクセサリー」の大きく三つのパートに分かれていて、歩き進めると、青果や食べ物の屋台が続くエリアに出くわす。

ポートベロー・マーケットの花屋

マーケットでは、ストールで食べ物を買って歩くのも楽しみだ。知らない街を歩くのが好きなので、旅行中はよく歩いて自然とお腹が減る。そんな時に、匂いに誘われて食べてみたいもの、飲んでみたいものをすぐに食べる歩けるのは最高だ。

ポートベロー・マーケットの屋台

青果や食べ物のストールが並ぶエリアを通りすぎると、古着やアクセサリーのエリアに入る。マーケットの絵を壁に飾る催しもあって、ついつい見てしまう。夢中で歩いているうちに賑わいは静まり、マーケットの端まで来てしまったことに気づく。なんとなく寂しくなって、楽しむ人々の中へ入ってその一部になることも、マーケットへ来る楽しみになっていると知った。

ポートベロー・マーケットのストリートアート

しかしあの映画「ノッティングヒルの恋人(原題: Notting Hill)」でも有名になったノッティングヒル(Notting Hill)のお宅の間って、こんな風になってるんですね。歩いていて楽しいエリアだった。
ノッティング・ヒルの住宅街

RELATED POSTS

朝食のハギス

1泊2日でエディンバラ旅行

ロンドンから日帰りで行けるビーチ - London Beach

ロンドンから日帰りで行けるビーチを散歩

ロンドンの写真

初めてのロンドン(London)旅行

London gourmet

ロンドンで自分で食べて本当においしかったもの

©2018 Travel Stories